ジュロン・バード・パークへ行ってみた〜

  • 2018.05.17 Thursday
  • 13:47



開演は8:30〜18:00

チケットは、いつもお世話になってる

Voyagin」さんで。

一日パスとトラム付きで、日本円で一人2469円。

普通に購入すると、34ドルなので、300円くらい安くなったかな〜。


いざ〜


ちょうど11:00から「high flyers show」を演っているところでした〜



大の大人が、両手を挙げて参加したい意思表示。

子供がいたっておかまいなし。

子供も大人も楽しんでて、すごくいいな〜と思ったのでした。






けっこう、こちらを気にしてるのか、目玉だけちらちら動いてたー。



孔雀さん。高いところにいらっしゃる。

小学生の時に孔雀がいたのを思い出した〜

学校に孔雀ってけっこう、すごいことなのでは?!





こちらの鳥さんたちは、

写真を撮ってたところ、

とるんじゃねーよ!の勢いでギャギャー鳴き始めた。周りの鳥たちも合唱。

写真とられてたらくつろげないよね。

ごめんなさい。。。



緑がたくさんあって、鳥だけでなく、景色や緑も楽しめる〜




「地味な鳥よりどうしてもカラフルな動物についつい、見入っちゃうね〜」と旦那へ言うと、「人間と同じだよ。」って。

それって、どういう意味なんしょ?!




まさかの、こんな大きな鳥が、

飲みモノのケースを気に入ってしまって飛んできて離れない。

お姉さん恐怖!そして驚いてたー。







ラクサにまで、チキンが入っておりました。

パードパークだけに、複雑な気分に一瞬なりましたよー。



今回、失敗したのは、

家から、バスを使ったこと。

降りるところを間違ってしまったりと

何故か電車の3倍も時間がかかった〜


近いところは小回りが利くバス。

遠いところは、電車が良いと勉強になりました〜


帰りは、「boon  ray」駅まで「194」のバスで。

駅からは、もちろん電車で帰りました。



サファリナイトは、若い人たちも多かったですが、バードパークの方は、ファミリーがほとんど。

そして、サファリナイトと同じく、インド人の率が非常に多かったです。8〜9割は占めていたと思われます。

インドの伝統装飾がとてもきれいでついつい見てしまいます。歳を重ねても明るいカラーを身につけてるところも素敵。


週末でしたが、全然混んでおらず、

たくさんの種類の鳥たちを見られたことは良かったです。







帰りの休憩はヤクンカヤトースト。

こちら気になっていたので、食べてみました〜。

紫のサツマイモかな?甘いスゥーツでしたが、あまり口には合わなかったです。。。


コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

ブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM