妊活ライフ 〜はじめての不妊クリニック診察と排卵検査薬の疑惑〜

  • 2017.01.25 Wednesday
  • 14:30
今日は、はじめての不妊クリニックの診察でした〜

はじめてなのでドキドキ。

問診の診察は超スピーディーです。先生とのお話は3分くらい。
内診で『子宮はきれいですね〜。あさって排卵ねー。』
内診あとに再度問診、『ひとまず検査をしてみないとわかりません。頑張っていきましょうね。』とのことで終了。

今回は待ち時間も短く1時間ちょっとで終了しました。


あっという間に終わった問診と内診でしたが、
今回たった1回の受診でしたが、かなりショックな衝撃の事実が分かってしまいました!!

今まで自己流タイミングをしてきましたが、タイミングを図るのはd13、14、16が一番多かったのです。
でも今日の先生からの内診結果では、あさって排卵とのこと。
仲良しのタイミングは排卵日の2日前!と言われています。
なので本日のタイミング、d10でとらないといけないとことになります。

今までd10でタイミングをとったことは1度もなーーーい!!!

過去でd11が一番早いタイミングだった。しかもこの1年間において1回のみ。

要するに今まで1年間、排卵が終わったあとにタイミングをしていた可能性が出てきました。
かなりの衝撃でした。。。。
精子ちゃんを待機させておかなければいけないのに、
それどころか、送りこんでも肝心な卵ちゃんがいない。という現象が起きていた?!疑惑が出てきました。


帰宅後、試しに排卵検査薬を使ってみました。
陰性ーーーーーー。まじかい!!!!!

本来だったら今日、明日タイミングをとるべきなのに、
陰性じゃぁ、そりゃまだ早いのかなって思ってしまうヨ。。。

かなり衝撃的でした。

ちなみに明日も、排卵検査薬で陽性になるのか見てみようと思います。


悲しみより、妊娠できるかも!!!という望みがむくむく出てきました!!!!
不妊クリニックに行ったかいがあったな〜と思うのでした。


今までできなかった原因のひとつかもしれません。









次回は、2/6採血です。

AMH(抗ミュラー菅ホルモン)卵巣予備能検査・・・残りの卵子の数を示すのだそう。
フェリチン・・・隠れ貧血検査
風疹抗体・・・陰性の場合はワクチンを接種してから2か月以降に治療
クラミジア抗体・・・陽性の場合、卵管閉塞や骨盤内癒着の可能性があるので内服治療
HbA1c・・・糖尿病があると流産のリスクが高まる




さらにその次は、生理中の採血をしてホルモンのバランス、甲状腺疾患の有無を確認するそうです。
生理開始後2〜4日がベストとのこと。

甲状腺ホルモン
乳汁分泌ホルモン
男性ホルモン
下垂体ホルモン
卵巣ホルモン
を調べるようです。


採血の結果が出たら、卵管造影に臨めるとのこと。
順調にいけば今月にはできそうなスケジュールだったので安心しました。


ダンナちゃんが帰国するまでに、済ませられる検査はどんどん済ませようと思っています。


そして、ダンナよ、帰国したらおぬしも検査だzo〜〜〜〜

コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

ブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM